読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.logbook

学んだことを書き綴る、言わば航海日誌です。

Windowsでgvimを使う(neobundleのインストール)

Windows上でgvimを使う手順を備忘録まとめる。Windowsに依存する箇所以外は、Linux, Macでも同様の手順で問題ないはず。(未確認)

neobundleのインストール、カラースキーマの設定、vimrcの作成までを対象とする。

f:id:ylgbk:20150102171743p:plain

gvimのインストール

ダウンロード

Windows向けにコンパイルされた、KaoriYa様が公開しているものをダウンロードする。

32bit/64bitはWindowsのbitに合わせる。

インストール

以下の手順でインストール完了である。

  1. ダウンロードしたzipを解凍する
  2. 解凍したフォルダを「C:\Program Files」へ移動する

gitのインストール

プラグインの管理にはneobundleを使用する。使用するためにはgitが必要であるが、Windowsでgitを使用するためには一手間かかる。また、インストール方法も複数存在するため分かる範囲で記載しておく。

cygwinを利用する場合

筆者の環境にはcygwinが存在するため、これを利用することとした。

  1. Cygwinのサイトからインストーラをダウンロードし、起動する。
  2. gitのパッケージをインストールする。
  3. 「C:\cygwin\bin」をWindowsのPathに追加する。(再起動を忘れない)
  4. コマンドプロンプトを起動し、「git --version」と入力する。

コマンドプロンプト上でバージョンが表示されればインストール完了である。

git for Windows(msysgit)を使用する場合

cygwin環境が無い場合、こちらの方法がおすすめである。

  1. Git for Windowsからインストーラをダウンロードし、起動する
  2. インストールの最中、「Run Git from the Windows Command Prompt」を選択する。
  3. コマンドプロンプトを起動し、「git --version」と入力する。

neobundleのインストール

ダウンロード

コマンドプロンプト上でgitを実行し、neobundleをクローンする。

$ mkdir %userprofile%\.vim\bundle
$ cd %userprofile%\.vim\bundle
$ git clone git://github.com/Shougo/neobundle.vim

設定

次に、gvimの設定ファイルを作成する。

  1. 「C:\Program Files\vim74-kaoriya-win64」に「_vimrc」を作成する
  2. 「C:\Program Files\vim74-kaoriya-win64」に「_gvimrc」を作成する

_vimrcを下記の通り編集する。

" vim起動時のみruntimepathにneobundle.vimを追加
if has('vim_starting')
  set nocompatible
  set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim
endif

" neobundle.vimの初期化 
" NeoBundleを更新するための設定
call neobundle#begin(expand('~/.vim/bundle'))
NeoBundleFetch 'Shougo/neobundle.vim'
call neobundle#end()

" 読み込むプラグインを記載
NeoBundle 'Shougo/unite.vim'
NeoBundle 'itchyny/lightline.vim'

" 読み込んだプラグインも含め、ファイルタイプの検出、ファイルタイプ別プラグイン/インデントを有効化する
filetype plugin indent on

" インストールのチェック
NeoBundleCheck

上記設定後、gvimを起動すると、unite.vimとlightline.vimがインストールされる。

カラースキーマの設定

カラースキーマはmolokaiを使用する。

このうちmolokai.vimをダウンロードし、「C:\Program Files\vim74-kaoriya-win64\vim74\colors」へ保存する。

_gvimrcを開き、下記のように記載する。

colorscheme molokai

環境構築完了

以上で設定完了である。

プラグインを追加する際は、_vimrcへインストールするプラグインを追加していくこと。

参考

【Vim】gVimでneobundle環境を整える - The jonki

vim windows 環境設定 - Sawasawato Web Hack Blog

GVim [Tipsというかメモ]

neobundle#rc()がdeprecated functionになる場合 - Qiita