読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.logbook

学んだことを書き綴る、言わば航海日誌です。

Windowsで使えるMarkdown エディタを探した

メジャーなものが現れないMarkdownエディタ

本ブログもそうだが、GithubのREADMEなどMarkdownで文章を書くことが増えている。Markdownで文章を書くときはエディタを使うのだが、Markdownに特化した「Markdownエディタ」を使うと便利だ。しかし、特にWindowsではなかなか「これ!」と言えるMarkdownエディタが登場せず、本ブログもウェブ上で執筆→プレビューで確認しているのが現状だ。

そこで、現在(2015年1月時点)Windowsで使用可能なMarkdownエディタを調べ、まとめてみた。

選別条件

普段使いするMarkdownエディタを選別するにあたり、いくつか条件を設ける。

(1) オフラインで使用可能

Webサービスという形でMarkdownの記述とプレビューができるサイトがいくつか存在するが、会社からのアクセスが困難な場合がある。また、セキュリティ上も好ましくないため、オフラインで使用できるものを候補とする。

(2) HTML化できる

Markdownに馴染みの無い人へドキュメントを展開するケースを想定して、Markdownの文章をHTML化できると良い。

(3) 有料ではない

無料のものがたくさんある現状、有料のものは候補から外す。


kannokanno/previm(+tyru/open-browser.vim)

f:id:ylgbk:20150131172933p:plain

Markdown形式のファイルを編集中に、自動的にブラウザ上へプレビューするVIMプラグインである。このため、VIMとブラウザを横並びにして使うこととなる。

tyru/open-browser.vim · GitHub

メリット

  • 普段使用しているエディタをそのまま使える
  • VIMが対応していれば、シンタックスハイライトが適用される
  • ブラウザからファイル→保存すればHTML化も可能
  • プレビュー時のCSSGithubと似ており、カスタマイズも可能

デメリット

  • VIMとブラウザをそれぞれ立ち上げなければならない

MarkdownPad2

f:id:ylgbk:20150131173452p:plain

MarkdownPad - The Markdown Editor for Windows

メリット

  • 動作が軽量、かつ、エディタとプレビューが連動してスクロールする
  • メニューバーが充実している(Markdownの入力補助)
  • HTML化が可能
  • プレビュー時のCSSGithubと似ている
  • タブに対応している

デメリット

  • 有料版が存在しており、無料版は機能が限定される
  • Windows上でしか動作しない

Haroopad

f:id:ylgbk:20150131174219p:plain

Haroopad - The Next Document processor based on Markdown

メリット

デメリット

  • 画面右下の「寄付」「シェア」といったボタンが不要
  • タブに対応していない

オススメは「kannokanno/previm」

筆者の場合、普段VIMを使っていることもあり「kannokanno/previm」が最もしっくりきた。ソースコードなど他のファイルと同時にMarkdownを修正する機会も多いので、しばらくはこれで様子を見るつもりだ。

本記事で紹介した他のエディタも使用感には問題ないので、VIMを使わない人はぜひ使ってみてほしい。