.logbook

学んだことを書き綴る、言わば航海日誌です。

2020年の前半を振り返る

早いもので2020年も前半戦が終了した。 この記事を書いてから半年が経過したので一旦振り返りをして、後半戦でどう軌道修正をするか考えてみる。

ylgbk.hatenablog.com

記事を書いた時には新型コロナウイルスの影響がここまで拡がるとは想像もしていなかった。 当然、そんな中で実現できたこともあれば、影響を受けて実現できなかったこともある。

前半戦の実績

[継続] M5Stack、M5StickC、M5StickVとmockmockを使ったIoTに関する技術記事を10件以上書く

現状8記事なのでいいペースで執筆を続けられています。順調。

thinkit.co.jp

thinkit.co.jp

thinkit.co.jp

tech.fusic.co.jp

tech.fusic.co.jp

tech.fusic.co.jp

tech.fusic.co.jp

tech.fusic.co.jp

[継続] サービスの売り方・マーケティングに関する本を5冊以上読み、書評を書く

ちゃんと書評まで書いたものに絞ると1件。書評は社内向けに書いたので非公開。

マーケティングの本か?」と言われると微妙なラインだが、サービスの将来設計に確実に関係する本だったので良しとする。 いずれにせよ、読書に占めるビジネス書の割合は増やす必要があると感じている。

[達成] AWS認定 DevOps エンジニア - プロフェッショナルを取る

取りました!良かった!!!

[未達成] Ruby on Jetsを使ってサーバレスなシステムを開発・公開する

イベントでの発表もしたし、このスライドがバズったのは良かった。

speakerdeck.com

ただ、このIssueを解決できずに熱が冷めてしまった感。

github.com

メンテナを探している ようなのでコントリビュート実績を作るチャンスであることは確かだが、自分にとって今優先すべきことはこれではないと判断し、未達成とする。

[継続] Cfpを通す登壇実績を1件以上作る

JAWS DAYS 2020で登壇予定だったが、新型コロナウイルスの影響でイベントそのものが無くなってしまった。(オンライン開催で登壇の機会無し)

jawsdays2020.jaws-ug.jp

[達成] Qiitaでいいね100件以上またははてブ20件以上の記事を1件以上

Speaker Deckではあるが、Ruby on Jetsのスライドがはてブを50件以上もらったので達成とする。

LGTM100件には満たなかったが、この記事も結構伸びた。

qiita.com

[継続] TOEIC600点以上を取る

新型コロナウイルスの影響もあって、TOEICは受験できていない。

[達成] マイホームにウッドデッキを作る

紆余曲折あったが無事完成した。快適。

後半戦の計画

前半戦を振り返ると、「目標に対して紳士に取り組んだものの、実際のお仕事に直結する成果が少なかった」という反省点が浮かんできた。

後半戦は目標に一部見直しをかけて、よりお仕事に直結した成果が出せるように取り組む。

[継続] M5Stack、M5StickC、M5StickVとmockmockを使ったIoTに関する技術記事を10件以上書く

あと2件に留まらず、書けるだけ書く。ただし、M5Stackシリーズはネタ切れ感があるので

バイスを使ったIoTに関する技術記事を10件以上書く

に軌道修正する。

できればもう1回、どこかのメディアに寄稿したい。

[継続] サービスの売り方・マーケティングに関する本を5冊以上読み、書評を書く

新型コロナウイルスの影響もあって、「今あるものをどう売るか?」よりも「これから何が必要となっていくか?」を先読みする力が求めれれている気がする。このため、

ビジネスに関する文献を5冊以上読み、書評を書く

に軌道修正する。

目標と直結しないかもしれないが、日経新聞の購読に興味があるので、それも並走するかもしれない。

[継続] Cfpを通す登壇実績を1件以上作る

まだ公開できないが、Cfpを通って8月に登壇予定があるので、それを確実にこなす。

他にも機会があれば積極的に応募する。これとか。

kaigionrails.org

[継続] TOEIC600点以上を取る

英語頑張る。時間と予算があれば英会話に通うのもいいかもしれない。

先日の #TOEIC公式みんなで模擬受験 で600点を超えたのでモチベーションは高い。

[追加] 技術書を作って1冊以上売る

今まで興味がありつつも手を出せていなかった技術書の製作に着手しようと思う。 テーマはIoTか、あわよくばNext.jsとかgolangに関して何か書きたい。

まとめ

「このご時世」がすっかり口癖になった2020年上期。

このご時世だからこそできることだったり、チャンスだったりがあるはずなので、凹むことなく下期も頑張ろうと思う。